放送大学の学費(自宅で始める大学通信教育)

放送大学の学費(自宅で始める大学通信教育)

TOPページ 放送大学について > 放送大学の学費

 

放送大学の学費

自宅にいながらにして、テレビやラジオで講義を見聞きできる。

そんな放送大学の学費って、ズバリどのくらいなんでしょう。

まずは入学金から。

卒業を目指す全科履修生で、22,000円。好きな科目を履修して1年間在学する選科履修生で、8,000円。同じく好きな科目のみ履修し半年間在学する科目履修生で6,000円。資格取得のための集中科目履修生で4,000円となります。

授業料については、1単位当たり一律5,500円です。

放送授業1科目当たりで見ると、すべて2単位なのでテキスト代込みで11,000円になります。面接授業は1科目がすべて1単位で5,500円です。
 
全科履修生の場合、卒業には124単位が必要になるから、入学金と授業料合わせて合計704,000円の学費がかかるわけです。

もちろん、ほかの大学や短大などを卒業していて3年次に編入学するなら、放送大学の卒業に必要な単位として認定された修得済みの単位分の学費は不要ですね。

特に単位数にこだわるのではなく、興味のある科目だけを学習するにしても、必要になる学費の見通しは立てやすいですね。

ちなみに、入学金の割引や授業料の値引きというシステムもあります。

入学金の割引については2パターン。

過去に放送大学の学生だった場合と、集団入学の場合です。

集団入学というのは、学校や企業などが推薦する20人以上の所属学生・職員が一括して手続きを取るケースのこと。1人当たりの入学金が半額になります。

授業料の値引きについては、書店で買うなどして、放送大学の印刷教材(テキスト)がすでに手もとにある場合に対象となります。
 
1科目2単位当たり1000円引きですから、もしテキストが入手できている状況なら使いたいシステムですね。

ただし、書店などでのテキストの定価は、授業料の値引き金額の2~4倍となっているのでご注意を……。

放送大学では奨学金を受けることもできます。

選考によって全科履修生が受けられるのが、日本学生支援機構の奨学金の貸与。

選科履修生の場合は、選考を受けた上で北野生涯教育振興会の給付を受けることができます。

また、条件が当てはまるのなら利用したいのが、「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」。
 
選科履修生または科目履修生で、受講資格がある人が当てはまる講座を修了した場合、手続きを取ると入学金と受講料の20%に相当する額(上限10万円)が教育訓練給付金として支給されます。

雇用保険に関することなどの受講資格や支給申請時期などが定められているから、よく確認しておきたいところです。

放送大学に出願して入学選考に合格すると、学費の払込をする流れになるわけですが、これは一括納入をしなければなりません。前もって資金の工面はつけておきたいですね。

さて、学費の振込みが無事にすめば、入学許可書とテキストが送られてきて、いよいよ学習のスタート! です。

オススメ大学通信教育

自宅のTVで、大学の講義を受講できる放送大学。入学のチャンスは年2回です。受講者は「高校、専門・専修学校、短期大学を卒業した社会人」「社会でキャリアアップするための知識を身につけい有識者」「仕事も子育ても一段落。地域貢献や趣味探究。熟年世代の方」「知的刺激が欲しい、自分を磨きたい、アクティブな主婦」など様々です。放送大学への資料請求はこちらから

ページトップへ↑